0share

未知の世界へ挑戦!社内ジョブ・チャレンジ制度

  • Prime Heart
  • イケテルカイシャ
  • 鹿児島
 

新年度が始まり約1か月。時が流れるのはあっという間で、新緑が青々と生い茂り季節が早くも移り変わろうとしています。

皆さま、こんにちは!
今回のぷらぷらは、チャレンジングな会社制度のひとつについてご紹介します。
その名も「社内ジョブ・チャレンジ制度」。……そのまんまですね(笑)

社内ジョブ・チャレンジ制度とは

社内ジョブ・チャレンジ制度(以下、ジョブチャレ)とは、プライムアシスタンス(以下、PRA)の社員募集ポストに対し、自らの意思で社員が応募する自己選択型の制度です。簡単にいえば、「色々な知識を吸収して、自分自身を成長させたい!」という、意欲のある社員を応援する制度です!

ジョブチャレンジ制度


自己選択型の希望異動とはいえ、応募シートを書いたり面接したりと審査はもちろんあります。自分自身が将来どうなっていきたいのか、何をやってみたいのかを考え整理するので、改めて自分のことを考え知る良いきっかけとなります。審査に通ると、2~3年希望部署で勤務し、そのあと、元の所属部署に戻り習得したノウハウを発揮し活躍してもらいます。

ジョブチャレ社員へ突撃!

今年度から新たな第一歩を踏み出した社員の一人、谷原さんをご紹介します。

谷原さんは、昨年まで東京センター部第一コンタクトセンター室で現場管理のサポートをしたり、コミュニケーター(以下、COM)の相談にのっていたりと活躍され、今年からジョブチャレで鹿児島センター部第一コンタクトセンター室へ異動になりました。一体どんな気持ちをもっての挑戦だったのでしょうか?

早速、突撃してみます!


プラビット

ジョブチャレに応募したきっかけと、なぜ鹿児島を選んだのかを教えてください!

谷原さん

2018年7月から約1ヵ月半、鹿児島センターに出張勤務しました。この出張期間中に、ここでの業務に魅力を感じ、出張後もここで働きたいと思ったのがきっかけです。

東京に比べ所属人数が多い鹿児島では、同じ業務でも管理方法やアプローチが違うと、出張期間中に思いました。
今までとは違う環境に飛び込み、この違いの部分に積極的に関わることで新しいエッセンスを取り入れると共に、今までに無い視野・考えを持てるよう自己成長していきたいと思い応募しました。

プラビット

都会を離れて鹿児島での生活がスタートしましたが、いかがですか?

谷原さん

鹿児島のみんなのお陰でだんだん慣れてきました! 私は富山県出身なのですが、鹿児島県はどこか似た雰囲気を感じ、安心感があります(笑)
今は新型コロナウイルスの影響で我慢の日々ですが、状況が落ち着いたら街を散策したり、温泉巡りなどをして堪能したいです。

鹿児島センター・インタビュー


プラビット

2~3年後どんな自分になっていたいですか?

谷原さん

柔軟さと論理性を併せ持ち、困難な問題にも立ち向かえる頼れるリーダーになっていたいです。
幅広い視野と考えで力を発揮出来るよう、PRAの一員として頑張ります!

プラビット

ジョブチャレの魅力って何でしょうか?

谷原さん

自分のやりたい!に挑戦できることです。最初はドキドキしましたが、いざ新環境に飛び込んでみると新たな発見や学びが多く、毎日ワクワクしています!
もしジョブチャレへ応募してみようか迷っている方がいたら、来年は是非一歩踏み出してみてください!

鹿児島センター


谷原さん、ありがとうございました! 大きな目標とやる気に満ちている人のお話は、なんだか見ているこちら側までパワーをもらいますね!

 

新年度はまだまだスタートしたばかり。
「ビッグなスターになるぞ~!」といった大きな挑戦はもちろん、「毎日ウォーキングするぞ!」「おやつのつまみ食いをやめて、今年こそはダイエット頑張ります!」など、心機一転、新たな目標を掲げるには、とても良い時期かもしれません。

ぷらぷらも、あくなき挑戦を続けてまいります!もっともっと盛り上がっていきますよ。今後ともPRAのまるごとリアルな姿を次々とお伝えしていきますので、お見逃しなく!Don’t miss it!!

< 次の記事

前の記事 >

すべての記事を見る