0share

たくさんのご応募ありがとうございました!~人権啓発標語「受賞者表彰」~

  • イケテルカイシャ
  • おすすめ
  • ダイバーシティ

SOMPOグループでは、毎年人権意識の理解を深めることを目的に、グループ共同企画で「人権啓発標語」の募集を行っています。プライムアシスタンス(以下、PRA)からの応募は、毎年グループ全体の入賞作品に選出されているなど、素晴らしい結果を残しております。
また、PRAではグループ共同企画と同時に、社内独自の表彰も行っています。今年もたくさんのご応募ありがとうございました!

今回は今年の栄えある受賞者の中から、SOMPOグループ全体入賞者の平田さんと中瀬戸さん、
PRA社内入賞者の園田さんにお話を伺いました。


1.SOMPOグループ全体表彰

【最優秀作(1名)グループ全体最優秀賞!】
分からない 伝わらないと 嘆くより まずは相手を 知る努力
(東京センター部第二コンタクトセンター室アドミチーム/平田さん)

  
プラビット・グッドポーズ

今年度の応募総数1,021作品からの最優秀作です!おめでとうございます!

平田さんと社長



【優秀作(2名)※うちPRAより1名選出!】
思いやり もらった分だけ 恩返し 自分から 感謝の言葉と あいさつを
(鹿児島センター部第一コンタクトセンター室/中瀬戸さん)

中瀬戸さんと社長



2.PRA社内表彰

【最優秀賞(1名)】
目をかけ、声かけ、心がけ 小さなきっかけで明るい職場へ
(鹿児島センター部第二コンタクトセンター室ロードチーム/園田さん)

園田さんと社長



プラビット・笑顔

皆さまおめでとうございます!
受賞された作品への思いを、 それぞれお聞かせください。

平田さん

(平田さん)当たり前のことですが、私が「相手の立場になって考えたり思うこと」と、実際に「相手が思っていること」は違う場合もあるのに、つい自分の基準を優先して考えてしまうときがあって……。
そこで自分の中での決意表明の意味もありますが、「まずは相手を知る努力」をしようと決め、その思いを今回の人権啓発標語に込めました!

中瀬戸さん

(中瀬戸さん)基本的なこととして、周りを気遣う思いやり、感謝の言葉、挨拶が人として、社会人として大切だと感じ、この標語を作りました。

園田さん

(園田さん)他人を注意して見ることや声を掛けたりといった、誰にでもすぐ実践できることを意識してもらえればと思い、この作品を作りました。反復する語句を入れることで耳に残り、かつ少しでも楽しい気持ちなれるよう、標語作成を心がけました。少しでも心に残り、人権啓発への一助になれば幸いです。

プラビット・興味津々

「人権」に関して日常的に心掛けていることはありますか?

平田さん

特に仕事面では、意見の食い違いや理解しあえない場面があると、その人に対して苦手意識や恐怖感をもってしまいます。そんな時は姿を見かけたらなるべく話しかけたり、プライベートな話を積極的にしたり、仕事と人を離して考えるように心がけています。

中瀬戸さん

日頃から「人権」を意識することはあまりありませんが、周りを気遣った行動や、自分から挨拶をするなど、日頃の行動が人権啓発につながっていたらいいなと思います。

園田さん

周りの様子をしっかり見て察することを心がけています。困っている様子なら声を掛け、嫌がっている様子を見せたら踏み込まないといったような、人と人との関係性の構築に必要な「観察」が大事だと思っています。それが仲間やクライアントとの良好な関係構築に繋がればと思っています。

プラビット・マイク

受賞した感想をお願いします。

平田さん

大変光栄なことであり、ありがたく思っております。 しかしそれ以上に、人権啓発標語にたくさんの方々が関心を持たれていること、PRAで働く仲間が多く受賞されていることの方が嬉しく思います。
新型コロナウイルス感染症(以下、コロナ)の影響で、世の中が色々我慢しなくてはいけない中、心身ともに疲れてストレスが溜まり、コロナ差別という悲しいニュースも増えています。そんな中でも、今回の人権啓発標語に数多くの方々が自分の想いを込めて応募したり、他の入賞作品の標語を拝見し、前向きな言葉や目指す明るい未来を想像すると、ほっこり心温まりました。
人が人を想い、尊重し共存する。そんな日常がくることを願っています☆彡

中瀬戸さん

このような賞をいただき、非常に嬉しく思います。この標語のような行動を普段から心がけ、日々の業務に取り組んでいきたいと思います。この度は本当にありがとうございました。

園田さん

この度はこのような賞をいただき大変光栄に思いますし、標語を自分も率先して実行していけたらと考えています。私の標語以外にも素晴らしい作品があると思うので、それぞれの標語通りの仲間・会社になっていけるようPRAのみんなで頑張っていけたらと思っています。

3名とも真剣な思いが伝わってきますね。改めて、受賞おめでとうございます!
来年度のみなさんのまたのご応募お待ちしております!!

(取材・文/人事総務部 安井由美恵・横須賀栄寿 取材協力/鹿児島センター部・西園由香 人事総務部・楠美庸江)

< 次の記事

前の記事 >

すべての記事を見る